先日、初めてオンライン(リモート)でギターレッスンをさせていただきました。
それも中国・上海在住のお客様(日本人の方です)がお相手でした。


LINEは中国は繋がらないので、We Chatのビデオ通話を使用。
(Zoomはなぜか上手く繋がらず。設定が悪かっただけかもしれません。)

 上海はかなり日常に戻りつつあるそうです。
良い意味でも悪い意味でもしっかりと監視下にあり、コロナの拡がりが抑えられているとか。



 今回のレッスンのテーマは
イーグルス「ホテルカリフォルニア」のギターソロ。
数日前に、やりたい曲ということで決めてもらったので前もって事前準備。



 散々、昔に弾きこんだつもりでしたが、
改めて聴き直してみると「ああ。こんな風に弾いてたんだ」など新たな発見もあり。
同じ音でもどこのポジションを使っているのかなどYouTubeやネットにあるTAB譜を見比べたりしていました。
(いまだに不明なフレーズもあり…。
そういえば昔によく観た「ホテルカリフォルニア」のMVが探しても見つかりません。)



 音の遅れが心配でしたが、思ったよりはタイムラグも少なめ。
コツをつかめばこっちはバッキング、生徒さんはリードソロ、などセッションができるかもしれません。 



 何はともあれ、無事にリモートレッスンができて少し安心。 



自分自身もギター小僧に戻って往年の名曲を改めてコピーしたいと思います。



 対面でもオンライン(リモート)でもレッスン可能です。
どうぞご利用下さいませ。





上海の写真を送っていただきました。
とっても優雅です。

生バンドで歌える「新宿21世紀」